映画「シーモアさんと大人のための人生入門」

10月27日、銀座のシネスイッチでこの映画を見ました。

89歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインが教える、「自分の心と向き合い、より良く生きるため」のヒントになる言葉に満ちたドキュメンタリーです。

 人生の折り返し地点で、色々と行き詰まりを感じていた映画俳優のイーサン・ホークが、ある夕食会でシーモア先生に会い、言葉を交わし、たちまち安心感に包まれ、彼の人柄に魅了されました。

 そしてシーモア先生のマンションに招かれ、彼のピアノを聴き、その演奏に感動したイーサンが提案して監督した映画です。

 音楽療法士の仕事もしている私は、「音楽する人間」著/クライブ・ロビンズ、、、をバイブルのように読んでいるのですが、その内容と重なるものがあり、心に響きました。

 「音楽は感情の言語であることは誰もが認めてくれるだろう」また「音楽を通じて、我々も星のように永遠の存在になれる。音楽は悩み多き世に調和しつつ、語りかける・・・孤独や不満をかき消しながら」等々の言葉に改めて納得しました。

 ピアノ好きの人にも、そうでない人にも「人生をよく生きたい」と思っている方には必見です。

 何よりも、彼のピアノに心が柔らかくなり、優しくなります。

#シーモアさんと大人のための人生入門 #映画

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square